読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚原因ランキングはこれだ!気になる理由第1位は

こんにちは。

離婚といっても、昨今では風邪を引いちゃったという報告を聞くぐらいの軽いものになりつつありますね。

それほどに身近である離婚。

既婚者にも独身者にも興味があるのは、その原因、理由じゃないでしょうか。

 

一生添い遂げようとしたかどうか、最初の動機や熱意までは不明ですが、一度は愛し合った者同士が他人以下の関係になることもある離婚。

離婚理由を調べてみました。

 

 

離婚理由ランキングベストテン!

司法統計によれば、次の理由がラインクインされています。

なるほど、やはりか、と思う反面、まだまだ掘り下げないとという感じの結果です。

 

男性の場合(理由)

第一位 性格が合わない
第二位 異性関係
第三位 精神的に虐待する
第四位 家族・親族と折り合いが悪い
第五位 性的不調和
第六位 浪費する
第七位 同居に応じない
第八位 異常性格
第九位 暴力をふるう
第十位 家庭をすてて省みない

 

女性の場合(理由)

第一位 性格が合わない
第二位 暴力をふるう
第三位 生活費を渡さない
第四位 精神的に虐待する
第五位 異性関係
第六位 浪費する
第七位 家庭を捨てて省みない
第八位 性的不調和
第九位 家族・親族と折り合いが悪い
第十位 酒を飲みすぎる

 

 

理由の第一位は男女とも「性格が合わない」

それぞれに若干の特徴はあれど、離婚理由の第一位はともに、「性格が合わない」となっていますね。

 

これ、つまりはよく耳にする「性格の不一致」というものですが、性格が合わないのは当たり前のことで、これが理由の第一位になることで透けて見えてくるものがあります。

つまり、総括しただけで、本当に個々に、そして複雑多岐に理由があって言いだしたらキリがないということになるのでしょう。

 

まさか就寝時のエアコンの設定温度が決定的に合わないことが本当の理由だとしてもです。

他人に話すときには、性格の不一致ということにしてしまうはず。

性格が合わないという漠然とした抽象的な言葉なだけに、その奥の闇の深さを感じますね。

 

 

同居に応じないことが離婚理由になる夫

女性にはない理由で男性の七位に入っている「同居に応じない」というのは象徴的です。

 

結婚の形態そのものが変化してしまう同居。

妻が慎重になるのは当然だし、これに応じなかったからといって離婚理由になるのなら、これは同居の話が仮に出なかったとしても、いずれ離婚は時間の問題だったのでは?と思います。

 

 

「酒を飲みすぎる」は立派な離婚の理由に

酒が強いことを男らしさと勘違いしている人はだいぶ減ったでしょうが、今だに酒豪であることが恰好いいなんて思っていたら大変。

恋愛段階では素敵に見えたことが、結婚生活ではただの不気味さにしか映らない、ということは多々あります。

 

たとえば気前がいい男性は、結婚後は浪費家に映るように。

お酒は適量を超えれば、経済的にも嬉しくないし、交友関係も激しくなったり、酒癖の悪さが強調されたりいいことはまずありません。

 

事実、こうして女性の離婚理由のベストテンに堂々入るのですから、適量をマナーよく飲んで欲しいものですね。

 

 

「暴力」は男性だけのものじゃない!?

男女かかわらず、手の早い人というのはいます。

 

あなたの周りにも、あるいは過去の歴史の中でそういった人物のひとりやふたりは浮かぶのじゃないでしょうか。

男性でも一生暴力と無縁の人もいれば、女性でも何かといえば手を上げる癖のある人はいます。

 

これは個体差の問題で性別はもはや関係ありません。

暴力だけに限らず、結婚する前から推測できる「不安のもと」というのはあります。

結婚前と結婚後が違うことはもはや想定内なので、あとは絶対に譲れないものが何か。

それを結婚前にあらゆるシーンから見抜いておくことが大事ということになります。

 

 

恋は盲目、という言葉を戒めとして、見るべきところはしっかり観察して、まさかそこか!という離婚にならないようご注意を!