読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷え性だから靴下を履いて寝るは間違い!?免疫力をあげよう

眠るのが楽しくない。

そんなぼやきが聞こえてきます。

 

ソックスを履いても冷えが取れない。

そんな嘆きも聞こえてきます。

 

体の芯から寒いこの季節。

お風呂に入って温まってもすぐに体は冷えて、布団に入る頃には分厚いソックスを履かなくてはいけない。

 

それが毎晩なら眠ることは確かに楽しいとは言い難くなってきますね。

いったいどうすればいいのでしょう。

 

 

冷えは免疫力を低下させる

冷えは免疫力を低下させます。

じゃあ、免疫力とは何かというと、これは端的に言えば体を守ってくれるボディガードのようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。

 

免疫の力と書いて“免疫力”

 

では免疫とはそもそもどういうものかと言えば、これは読んで字のごとく、疫(病)から免れるという意味です。

つまり病にかからないようにする力ということになります。

 

人間の体の中では毎日がん細胞が発生しています。

でも、みんながみんなガンになるわけじゃない、それはどうしてか。

これは、免疫細胞が力を合わせてガンを死滅させているからなのです。

 

ガンに限らず、外部から侵入するウィルスや細菌などを常にパトロールして撃墜してくれているありがたい存在、それが免疫ですから、その力が弱まってしまっては病気にかかりやすい体になってしまうというわけです。

 

 

冷えからくる体調不良って?

冷えは万病のもとと言われます。

 

免疫力が低下することで

  • 感染症
  • アレルギー
  • がん

 

代謝が悪くなることで

  • 倦怠感
  • うつ
  • むくみ
  • 肥満
  • 老化

 

血行が悪くなることで

  • 頭痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 関節痛
  • 膀胱炎
  • 不眠
  • 婦人科系疾患

 

若い頃は健康よりファッション命といった傾向にどうしてもありますが、健康あってのファッションということに一刻も早く気づいて欲しいものです。

 

 

免疫力アップのために

免疫細胞の6~70%が腸に存在しています。

ということは、腸の調子を整えることが免疫力向上には欠かせないということになりますね。

外側だけを温めるのではなく、やはり体内からの見直しが不可欠です。

 

たとえば食事。

ファーストフードやインスタントばかりの食生活の方は、次のような食材を摂取して、改善をはかることが大事です。

 

 

食事で免疫力を向上させる

  • 緑黄色野菜
  • 海藻類
  • きのこ
  • 発酵食品

 

お腹がいっぱいになればいいというものではありません。

甘いものやスナック菓子で夕飯を済ませてはいませんか。

 

食べるものが人を作ります。

医食同源の気持ちを忘れず、毎回の食事内容を見直しましょう。

 

 

習慣で免疫力を向上させる

  • 適度な飲酒
  • 控えめな喫煙(禁煙しては?)
  • 適度な運動
  • 良質な睡眠
  • バランスの良い食事
  • ストレスの軽減
  • 大いに笑う
  • 体温を下げない

 

ことに過度のストレスというものは多くの病気の引き金になりやすいです。

かといってまったくストレスのない生活というものは、現代社会では不可能といっていいでしょう。

 

問題はストレスをうまく飼いならすということかもしれません。

ストレスに過剰反応せず、あって当たり前と心得、悩みや心配事を一人で抱えず、発散する方法や工夫を一つでも多く持つことが大事です。

 

また「笑い」を積極的に生活に取り入れることが健康維持には大切です。

面白おかしくもないのに笑え笑っている振り、作り笑顔でもいいのです。

 

脳は作り笑顔であっても本当の笑顔と解釈して働くので、笑顔を作っていれば体も連動します。

こうやって免疫力アップのための内容をおさらいしてみると、非常に平凡でありながらないがしろにされてしまっているものばかりという印象が拭えません。

 

夜中まで酒盛りをし、きちんとした食事もせずにお酒やタバコに明け暮れ、睡眠もろくに取らないというのでは、冷え云々というよりいずれ体を壊すだろうことは素人にもわかります。

 

 

靴下を履いて眠ればいいは間違い

冷え性だけど生活習慣を変えなくても靴下を履いて眠るから別にいいの!

なんて言わないでください。

 

靴下を履いたからといって、思ったとおりの良質な睡眠を得られてますか。

寝付けてないのじゃないですか。

 


それもそのはず、足先の毛細血管はとても敏感なので、靴下を履いていると締めつけられている、窮屈だと感じてしまうのです。

眠るときだけじゃなく、寝起きの際にもソックスというのは血液が毛細血管まで行き届きにくくするので障害になるというわけです。

 

ソックスを履いて眠っても逆効果

 

という意味がわかりますよね。

じわじわと温めるには湯たんぽが最適です。

 

いえ、私は電気毛布を使ってるからいいのという方は、眠る直前までつけていても、眠るときにはスイッチを切るようにしましょう。

それでもどうしても最初のヒヤリ感に耐えられずソックスを愛用したいという方は、とにかく締め付けのない、ゆる~いソックスに。

 

歩いてもずり落ちないようなきついソックスではなく、歩いているうちに脱げてしまうぐらいのゆるゆるの締め付け感がないものならセーフといったところでしょう。

一番いいのは裸で眠ることだと言われますが、これは一人暮らしじゃない人にはまず無理ですし、一人暮らしであっても心理的にもなかなかハードルが高いので、言われたとおりに実行することはないと思われます。

 

自分にあったやり方というものがあるはずなので、できることから
改善して、冷えを根本から治す生活を目指すことが望ましいですね。

 

まずはできることから、これが大事です!