読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中谷美紀の美容を追求!分子整合栄養医学でストレスフリーに

こんにちは (⊹^◡^)ノo゚。

中谷美紀さん、輝いてますよね。

 

年齢を重ねるほどに美しくなる女性、それもナチュラルに透明感も磨かれる女性はそういません。

いくら女優さんだといってもいえ、女優さんだからこそ、あれもこれもプラスし過ぎてかえっておかしくなってしまう人が多いとも。

 

そんな中で、ひときわ異彩を放ち透明感と聡明さの独壇場で際立つ“美”を保つ貴重な方。

中谷美紀さんに関しての私の印象です。

 

何が彼女を美しく成長させているのか。

外見のケアだけでは成し得ない内面のケア、鍛錬をどうしているのか。

知りたくなりました。

 

 

モノに縛られる生き方はしたくない

1976年1月12日生まれの中谷さん。

そう、39歳になりました。

 

聡明さと美を極めていますね。

東京都出身の中谷さんは女優という肩書き以外に歌手という肩書きもあります。

 

しかし今では女優さん、それもかなり重要なポジションにいる、他の女優さんとは一線を画した領域に到達しているいい意味で孤高の女優さんになりつつあるなと感じます。

 

どう努力すればあの美しい言葉遣い、所作、雰囲気のすべてを生み出せるのか、気になる方は多いはず。

 

彼女はある記事のインタビューでこう答えています。

ものを大切に使いながらも、ものに縛られる人間にはなりたくないとも思うんです。

ついつい展示会があるというと足を運んでしまうんですけれども、最近は出来るだけ踏みとどまって、本当に必要なものだけ求めるように心がけています。

引用元:All About

 

 

SNSで見も知らない人々が数字の上だけで人間関係を構築しようとする中で、中谷さんは、「Facebookでただ繋がっているだけの3000人は、本当に必要なのか」と疑問を呈しています。

 

少なくとも自分には必要ではないし、本当に大切な友達を大事にしたいと。

自分自身の価値をSNSの架空の数字という虚飾に頼ラナイ彼女の考えに共感します。

 

 

誰にも自分の道を阻まれたくない

彼女の生き方を理解する上で次の言葉は非常にわかりやすいと思いました。

どんなに本を読んでも、実際に自分で経験しないと学べない。

人からは、危ないからそっち行っちゃいけないと言われれば言われる程、行きたくなりますし。

自分で責任は負うから、誰にも、自分の道を阻まれたくないんです。すごく頑固。

引用元:All About 

 

経験、体験こそが人生を創ることを思えば、この領域を実感して語る中谷さんは、若干39歳にしてもはや人生を生き切ったといってもいいほど成熟した女性と思われます。

 

 

虚飾を排したシンプルな生き方を

 

中谷さんを連想するとき、風に揺れる竹、もしくはなんの柄もない白い旗が海風に吹かれるような、そんな爽やかなイメージが浮かびます。

 

中谷さんの人生哲学と思われるフレーズを見つけました。

ライフスタイルも身に着けるものも、選ぶものも、自分自身シンプルなものが好きなんです。

食べ物にしても、なんでも虚飾を排したものがほっとするというか。

だから、シンプルな生き方をしている方に憧れるというか、素敵だなと感じますね。

物事を自ら複雑にしないで、シンプルに生きていけたらいいなと思います。

引用元:All About

 

 

虚飾を排したもの。

このフレーズは非常に胸に響きます。

あまりに虚飾にまみれた人生が多すぎますし、その虚飾によって自分を見失い幸福を自ら遠ざけてしまっている人がどれほどいることか。


何を演じても、そこにとらわれず、いつもニュートラルに戻って風にように身軽に見える中谷さんの生き方の真髄をここに見た思いです。

 

 

分子整合栄養医学を始めてからストレスに強く

中谷さんにも体調が思わしくない時期があったようで、その時に分子整合栄養医学に出会い、それからはストレスに強くなったといいます。

この分子整合栄養医学というのは、生化学や栄養学などに基づいて解析を進め、体内分子(栄養素)の過不足を判断し、栄養状態を本来あるべき正常な状態に整える医学、のこと。

簡単に言ってしまえば、外側からのスキンケアだけじゃなく、体の内側からのスキンケアも重要であるという考えで、不足した栄養素をサプリメントで補い、お肌の状態をベストに持っていくという考え方です。

 

※特徴としては、血液検査の結果を特別な解析方法を用いて、体内栄養素の過不足を判断するということ。

詳細はこちらをご覧下さい。

 

中谷美紀さんの美しさの秘訣、秘密は外見もさることながら、この内面のケアを怠らない姿勢にあるようです。

キャリアを重ねるほどに身軽になっていくような中谷さんのあとを、今後もしっかり見守っていろいろと人生のお手本としていきたいなと思いました。

 

また、探求させて頂きます(^_-)-☆