読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンマでっか!将来離婚の危機がありそうな夫婦診断!

以前、「ホンマでっかTV!」で『将来離婚の危機がありそうな夫婦診断』という特集を放送していました。

診断方法が面白かったので、ご自身でもチェックしてみてください。

 

 

将来離婚の危機がありそうな夫婦

結婚して4年、5年目が一番離婚しやすいといいます。

そして7年目を過ぎると安定。

また10歳以上年齢が離れていると色々な問題が起きて離婚が起こりやすいとのこと。

 

では参りましょう。

ご夫婦でどうぞ。

 

 

池田先生の診断

問;自分のほうが相手より幸せだと思いますか。

 

池田先生の答えは、夫が「はい」と言った夫婦は離婚の危機が将来あるとのこと。

ミシガン大学の調査で394名の結婚生活平均39年というひとが選んだ答えは、妻が自分羽織っとより幸せと回答しているというのです。

 

旦那が幸せか不幸かは結婚生活に影響せず、妻が幸せかどうかということだけが最大の問題なのだと。

つまり妻が幸せと思ってない夫婦は将来的に離婚の危機が高いのだそう。

 

 

植木先生の診断

問:夫や妻の前でオナラをしますか。

 

植木先生の回答では、将来離婚危機がある夫婦は片方だけがオナラを我慢している夫婦だといいます。

オナラなどをする人は、夫婦の間で精神的に優位だと。

 

カウンセリングに来る夫婦がストレスを抱えてくるのは10年、15年目。

恋愛というのは恥を隠し合うことだが結婚は恥を共有していくことなので、どっちもしないか、どっちもするかが良いのだと。

 

女性だけが我慢しているところの心理としては、夫の浮気を疑っていると、女性は生理的なものを我慢するのだそう。

 

 

門倉先生の診断

問:ブランドの私物を購入したら相手に言うか。

 

門倉先生の回答では、将来離婚危機のある夫婦は、どちらか一方でも、はい、ということ。

二人とも相手に買ったことを言わないのが離婚の危機がなさそうな夫婦だといいます。

 

アメリカのカンザス大学が4500組の夫婦を調査した結果、離婚の一番の原因はお金に関する口論だったのだそう。

お金の口論は相手を強烈な言葉で罵倒。

 

関係修復にも時間がかかるのだといいます。

お金に関する価値観や使い方に一番違いがでるのが、私物の買い物。

購入物を説明するより隠したほうが口論を回避できる可能性が高い。

 

財布が別とか一緒とか、収入も誰が管理しているとかも関係ないとの事。

私物購入を隠さないと離婚危機ありといいます。

 

 

堀井先生の診断

問:家事や育児は夫婦で分担すべきか。

 

堀井先生の回答では、将来離婚危機がありそうなのは、二人とも「はい」を選んだ夫婦だといいます。

つまり、家事育児を分担すべきと答えた夫婦が危険なのだと。

 

なぜかというと、分担をすると自分のほうが大変なのにと不満が出るのだとか。

どちらか決めている夫婦はあまり不満がつのらない傾向があるといいます。

 

 

澤口先生の診断

問:妻へは、夫に対して一番不満に思っている事。

そして、夫が自分に対して一番不満に思っていること、の二つの問いを。

 

夫へは、妻に対して一番不満に思っている事。

妻が自分に対して一番不満に思っていること、の二つの問いを。

 

そして澤口先生の回答によれば、将来的に離婚の危機がありそうなのは、互いに思っていることが一致しないタイプだといいます。

思っていることが一致している夫婦は離婚危機は低いと。

 

つまりありきたりですが、価値観が一致する夫婦ほど離婚の危機が少なくなるというものでした。

 

 

いかがでしたか。

色々な場面で使えそうですね。

なるほどのものばかり。


ではまた次回に。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。